パワーストーン祈念神石で縁結び!嵐やアイドルなど芸能人も参拝する「車折神社」

京都市右京区にある「車折神社(くるまざきじんじゃ)」は、京都では有名なパワースポット。
ご祭神の清原頼業公は「約束を違えない神様」として知られ、年間を通じて多くの参拝客が訪れます。パワーストーンである「祈念神石(きねんしんせき)」を用いた祈願が人気です。
また、境内には、芸能・芸術にまつわるご利益を授けるとして芸能人たちの崇敬を集める『芸能神社』があります。

「約束を違えない神様」は良縁成就も約束してくれる!?

車折神社のご祭神・清原頼業公は、平安時代後期の儒学者です。学識にすぐれた頼業公は、平安時代末期~鎌倉時代初期の政治家・九条兼実から「その才、神というべく尊ぶべし」と称えられました。
こうしたことから、学業成就・試験合格の神様として敬われています。


(本殿)

また、頼業公が法律の知識に長けていたため、“法律の神様”=“約束を違えない神様”として、商売繁盛を願う人から恋愛成就を祈る人々まで、多くの人々が祈願に訪れます。
約束事で成り立つ商売や仕事はもとより、恋愛や結婚に関しても、いろいろな“約束事”がきっちりと守られてほしいもの……。そんな思いに応えてくれる頼もしい神様なのです。

「祈念神石」を用いたご祈願で、念願成就を

車折神社の名称は、後嵯峨天皇がこの地を通りかかった折、門前右側にあった石(車折石)に牛車がぶつかって故障し、動けなくなったことに由来します。
この故事から、車折神社では「石」に対する信仰が厚く、現在でも、神主がお祓いをした石の入ったお守り「祈念神石」を授けています。(お札型もあります)
祈念神石を用いた独特の祈願方法があり、これは車折神社の公式HPにもその手順が掲載されています。
ちなみに、簡単に説明すると・・・

  1. 『祈念神石』(きねんしんせき)を社務所の受付で授かります。
  2. 『本殿』(ほんでん)の前で、「二礼 二拍手 一礼」の後、授かった「祈念神石」を両手で挟み、心の中で「願い事」を強く念じます。
  3. おまもり型の「祈念神石」は毎日、肌身離さず持ち歩きます。
  4. 後日、願い事が叶ったら、「自宅や海・川・山」などで、石を1つ拾い、その「拾った石」に『お礼の言葉』をサインペンなどで記し、本殿前に納めます。
  5. その際、「祈念神石」も、本殿脇にある「古いおまもりを返す箱」に入れましょう。

事前に予習して出かけると、落ち着いてスムーズに参拝できますよ。
また、祈念神石でのお祈りの前に、円錐形の立砂を模した石を祀った『清めの社』にお参りすると、参拝者の悪運・悪因縁が浄化されて、よりいっそう祈念の効果が高まるとか。

悪運を浄化したところに良縁は引き寄せられます。
ぜひ、ご祈願の前に清めの社にもお参りしましょう!
ちなみに、清めの社の写真を待ち受けにすると、いいことがあるとか運気が良くなるとか。

境内社『芸能神社』の玉垣には有名人の名前がずらり

車折神社の境内にある『芸能神社』は、天宇受売命(あめのうずめのみこと)を祀り、芸能・芸術分野で活躍する人々の信仰を集めています。
4千枚以上奉納されているという朱塗りの玉垣には、俳優、アーティストなど、有名な人たちのお名前がずらりと記されています。

玉垣の掲載期間は2年間だそうで、芸能人の名前は思いのほか早いサイクルで入れ替わっているようです。
以前は、嵐メンバーやジャニーズJr、AKB48の名前もあったようですよ。
好きな芸能人が玉垣を奉納しているなら、掲載終了する前に行ってくださいね!

ちなみに、2019年12月現在の玉垣は・・・


EXILEの面々が


手越祐也さんの名前が!


コウメ太夫さん✿


V6の坂本昌行さんや、EXILEのTAKAHIROさんも発見!

こんなふうに、好きな芸能人の名前を見つけるのも楽しいですね。

おわりに

車折神社の境内には、ほかにも、人脈拡大にご利益があるという『八百万神社』や、才色兼備を授けてくれるという『清少納言社』なども鎮座しており、一度の参拝でいろいろなお願いを聞いてもらえます。
お出かけスポットとして楽しく、ご祈願先としても頼もしい車折神社。
ぜひ京都観光のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

車折神社の基本情報

車折神社の御祭神

清原頼業公(きよはらよりなり)

車折神社のご利益

学業成就、試験合格、商売繁昌、金運、良縁成就、厄除け・交通安全、人気上昇、芸能上達

住所&アクセス

〒616-8343 京都府京都市右京区嵯峨朝日町23

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

オススメ書籍ランキング

ページ上部へ戻る