タブーに要注意?「神田明神」で縁結びや勝ち運のご利益を頂こう!

都内で最も歴史ある神社の一つに神田明神があります。江戸に鎮座してから1300年近く、東京・神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内など108もの町々の総氏神様として、この東京都心をお守りいただいている神社です。
730年に建立された当初は現在の場所ではなく、千代田区・大手町平将門塚にありました。
実はこの神田明神、縁結びや仕事運・商売運に強い効果があるとしても有名です。今回は江戸時代から将軍~庶民までを守り続けたこの神田明神とはいったいどんな神社なのか、また平将門や成田山新勝寺との関係を含めてご紹介したいと思います。

神田明神とは

江戸時代からおよそ1300年の歴史があり、日本三大祭りのひとつ「神田祭」が行われることでも有名なこの神田神社。都内でもとても有名で人気のある神社です。
この神田明神には、だいこく様・えびす様・まさかど様の三柱が祀られており、それぞれ「縁結び」「商売繁盛」「勝ち運・厄除け」のご利益があります。一度のお参りで様々なご利益を受けることができる、まさに一石三鳥な神社ですね!またここでの縁結びとは恋愛だけでなく、仕事や商売なども含めた「人」と関係するあらゆるご縁を結んでくれるとのことで、女性はもちろん、男性が参拝するのにもおすすめの神社です!

また観光地・秋葉原の近くにあることから、最近ではアニメやゲームとコラボしたことでも有名です。

神田大明神のご利益

上に書いた通り、神田大明神ではだいこく様・えびす様・まさかど様が祀られています。
まず一の宮「だいこく様」はあの出雲大社と同じ神様です。この神様には多くの奥さんがいたことから、縁結びや夫婦和和合など恋愛面でのご利益があるといわれています。

続いて二の宮である「えびす様」。国造りの過程で、農業に関する技術・医薬を伝え、玉造温泉などの温泉を発見した神様といわれています。それゆえに農耕の神・医薬の神・温泉の神であり、商売運や健康運にご利益があります。
最後に三の宮である「まさかど様」。勝ち運や勝負ごとご利益があるとされていて、あの徳川家康も決戦の直前にここを訪れ、勝利を収めたといわれています。

平将門との関係とタブー

神田明神は935年に平将門の乱で討たれた「平将門」を供養し、相殿神としています。そのため、神田明神を崇敬する者は、平将門と関係のある「成田山新勝寺」を参拝してはいけないというタブーがあることはご存知でしょうか。
これは成田山新勝寺が平将門を討伐するため、寛朝(かんちょう)という僧が空海作という不動明王像とともに動護摩の儀式を行った場所だからです。こうした歴史があることから、成田山新勝寺を参拝することは、平将門を苦しめることに繋がり将門の御加護を受けられなくなるとして、現代でも神田明神を崇敬する者は、成田山新勝寺を参拝してはいけないと言われています。
筆者も神田明神はよく訪れますが、成田山新勝寺は参拝したことがありません。ぜひ今後神田明神を訪れる方は注意してみてください。

終わりに

今回ご紹介した神田明神は都内からのアクセスも良く、縁結び、仕事運、勝ち運といろいろなご利益があります。また毎年5月には有名な「神田祭」が開催されるので、ぜひお祭り好きの方にも訪れていただきたい神社です!またお守りの種類も多く、アニメとコラボしたお守りもいくつか用意があるので、小さなお子さん連れでも楽しめるのではないでしょうか。ぜひ今回ご紹介したタブーに気を付けて、神田明神を参拝してみてください!


獅子山(江戸時代に関東三大獅子の一つとして奉献)

神田明神の基本情報

神田明神の御祭神

  • 大己貴命 (おおなむちのみこと)・・・だいこく様
  • 少彦名命 (すくなひこなのみこと)・・・えびす様
  • 平将門命 (たいらのまさかどのみこと)・・・まさかど様

神田明神のご利益

縁結び、夫婦和合、商売繁昌、医薬健康、開運招福、除災厄除

神田明神の限定御朱印帳

アニメ「ラブライブ」の聖地となっている神田明神ならではのコラボ御朱印帳も限定販売しているそうです。
▼こちらは「まどマギ」とのコラボ御朱印帳

yukisera202さん(@yukisera202)がシェアした投稿

住所&アクセス

〒101-0021 東京都 千代田区外神田2丁目16−2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

オススメ書籍ランキング

ページ上部へ戻る