王子駅から歩いてすぐの場所に今回ご紹介する王子神社があります。
駅前にあるためアクセスも良く、多くの方が訪れる神社ですが、街中にあるとは思えないほど落ち着いた雰囲気で、心癒される神社でもあります。開運や厄払いの他にも珍しいご利益がある王子神社を今回はご紹介します。

王子神社の歴史

東京都北区にある王子神社。王子駅のすぐ近くにあり、駅周辺はレトロな飲み屋街が広がっているため、多くの人で賑わっています。そんな王子神社ですが、境内はとても落ち着いていて、自然が多くあります。
王子神社は創建年月日不詳ですが、1322年この地域一帯を支配していた豊島氏が、紀州熊野三社権現から王子大神を歓請し、若一王子宮として祀ったことが始まりです。地元の方にも親しまれている神社で「若一王子宮」や「王子検権現」と呼ばれているそうです。

王子神社の御祭神は伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の夫婦神、天照大神(あまてらすおおみかみ)、速玉之男命(はやたまのおのみこと)、事解之男命(ことさかのおのみこと)とたくさんの神様が祀られていて、開運や縁結び、厄除け、さらには勝負運のご利益を頂くことができます。

樹齢600年を超えるイチョウの大木

王子神社でまず見ておきたいのがイチョウの大木です。樹齢600年以上ともいわれるこのイチョウ、王子神社が東京大空襲にあった際、このイチョウの大木だけは戦火を逃れ、現在も王子神社境内に存在しています。
そういったこともあり、悪いものを浄化し、癒す大きなパワーを持っているといわれ、実際に筆者も心が穏やかな気持ちになりました。

再建された社殿

大鳥居をくぐると目の前に建っている立派な社殿ですが、戦争により焼失してしまったため、過去2回再建されています。黒塗りのため派手さはないですが、しっかりとそこに建つ存在感と貫録を感じることができます。

髪のご利益がある末社 関神社

社殿から少し離れたところにある末社は「関神社」で、とても珍しいご利益があります。こじんまりとした小さなお社ですが、百人一首の和歌で有名な蝉丸法師が祀られています。

実は蝉丸法師はかつらを開発した人物でもあり、関神社は髪や美容にご利益があります。そのため美容関係の方や女性の方が参拝されることが多い神社でもあります。髪のご利益がある神社はなかなか珍しいので、ぜひ関神社も忘れずに訪れるようにしましょう!

終わりに

いかがでしたでしょうか。王子神社は駅から近いためアクセスしやすく、しかし都会の喧騒からは離れ、心を落ち着かせることができる神社です。また関神社では国内でも珍しい髪に関するご利益を頂くことができます。自然の中にあり、マイナスイオンが溢れる王子神社で、癒しの時間を過ごしてみてくださいね。

王子神社の基本情報

王子神社の御祭神

王子大神
  • 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
  • 伊邪那美命(いざなみのみこと)
  • 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
  • 速玉之男命(はやたまのおのみこと)
  • 事解之男命(ことさかのおのみこと)

王子神社のご利益

開運招福、運気の回生、厄除け、家内安全、身体健全、交通安全、安産、学業成就

王子神社の御朱印

住所&アクセス

〒114-0022 東京都北区王子本町1丁目1−12

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

オススメ書籍ランキング

ページ上部へ戻る