仲哀天皇や神功皇后ゆかりの長門国二の宮「忌宮神社」

山口県下関市の城下町長府の中心に位置し、第14代仲哀天皇が九州の熊襲平定の際に滞在した行宮である豊浦宮の跡とされています。
境内には武内宿禰が手植えしたと言われる銀杏の古木があり、開運と子孫繁栄の御利益があると言われています。


忌宮神社の基本情報

忌宮神社の御祭神

  • 仲哀天皇
  • 神功皇后
  • 応神天皇

忌宮神社のご利益

勝運、安産、開運、子孫繁栄

忌宮神社の御朱印

御朱印をいただきました。

住所&アクセス

〒752-0967 山口県下関市長府宮の内町1−18

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オススメ書籍ランキング

ページ上部へ戻る