うさぎがたくさんお出迎え!鳥取の縁結びの王道といえば白兎神社

「因幡の白うさぎ」という日本神話をご存知ですか?
歴史はとても古く、古事記に出てくるお話です。
今回は、その白うさぎの神様がお祀りされている「白兎(はくと)神社」のご紹介です。
皮膚病や病気平癒への御利益のほか、日本最古の恋物語でもある「因幡の白うさぎ」にあやかり、縁結びにもご利益があるそうです。
たくさんのうさぎたちがあなたを迎えてくれますよ。

参拝の前に「因幡の白うさぎ」のお話を簡単におさらい!

因幡というのは、現在の鳥取県の東側の辺りのことです。
昔々、隠岐の島に白うさぎがいました。
白うさぎは、因幡の国まで行きたかったのですが海を渡ることが出来ません。
そこで、海にいるたくさんのワニザメをだまして隠岐の島まで並ばせ、その上をピョンピョンと渡っていきました。
もう少しで渡り終えるというとき、白うさぎはつい、ワニザメをだましたことを言ってしまいました。
それに怒ったワニザメは、白うさぎの皮を全て剥ぎ取ってしまいました。
砂浜で泣いている白うさぎのところに、大国主命(おおくにぬしのみこと)の兄神様たちが通りかかりましたが、意地悪を言って、白うさぎをさらに苦しめて行ってしまいました。
あとから遅れて、兄神様たちの荷物を持たされた大国主命がやってきました。
大国主命は白うさぎをかわいそうに思い、「真水で体を洗って、ガマの穂をつけなさい」と言い、白うさぎがそうすると、毛が元の通りに戻りました。
大国主命に大変感謝をした白うさぎは、兄神様たちも結婚したがっている八神姫(やがみひめ)と大国主命が結ばれるように奔走し、見事二人は結ばれたのでした。

白兎神社は、この舞台ともなる由緒ある神社なのです。

御祭神が全力で縁結びに力を貸して下さるような心強さがここにはあります!

白兎神社の御祭神は、「白兎神」「豊玉比売(とよたまひめ)」「保食神(うけもちのかみ)」の三柱です。
白兎神は、「因幡の白うさぎ」の神話にもあったように、皮膚病や傷の疾患、また、動物医療にご利益のある神様です。
豊玉比売は、海の女神様です。
山幸彦(ひこほほでみのみこと)と結婚をして、子供を授かりましたが、出産の際に本来の姿(サメや竜など諸説あります)に戻っているのを山幸彦に見られてしまい、子供を残して海に帰ってしまったそうです。
安産・子孫繁栄・育児や海上安全などにご利益のある神様です。
保食神は、日本書紀に登場する、主に食物を司る神様です。
自らの体から、魚や獣や農作物を作り出すことが出来たとされています。
農業守護・漁業守護・開運招福・災難厄除けなどにご利益があります。
そして、この神様すべてに共通するご利益が「縁結び」なのです。
なんだか、とても心強いですよね。
特に白兎神は、かなわぬ恋をかなえて特定の人との交流を深めると信仰されているそうです。

さぁ白兎神社へ!たくさんのうさぎが待っていますよ!

まずは白兎神社の場所の確認です。
鳥取県の白兎海岸に面したところに位置します。
近くに道の駅「神話の里 白うさぎ」があるので、車はそちらに停めることが出来ます。
大きな鳥居をくぐり、階段を上っていくと、両サイドにうさぎの石像がたくさん並んでいます。
一つ一つ表情や仕草が異なっていて、見るだけでもとても楽しいです。
階段を上がり後ろを振り返ると、日本海が目に飛び込んできます。
個人的には、海を静かに見つめているうさぎの石像の表情にぐっときてしまいました。

この石像や、白うさぎの神話の砂像など、境内のいたるところに白くて小さな石が置かれているのを目にします。
これは、「結び石」といいます。
本来は、鳥居の上に投げて、うまく乗せることが出来ればよいことがあるというものだそうですが、石像や砂像に願いを込めて奉納するという方も多いようです。
良縁・子宝・健康などの御利益があるため、お土産として持ち帰る方も多いようですよ。
境内の社務所で購入することが出来ます。(1袋に5個入っています。)

また、社務所には結び石以外のお守りも多数そろっています。
うさぎが描かれているものばかりなので、うさぎ好きにはたまりませんね。
贈り物としても喜ばれるのではないでしょうか。

#鳥取 #鳥取県 #白兎神社 🙏⛩ #恋人の聖地

👦台湾の 小武( こたけ / KOTAKE )👦さん(@kotake_taiwan_1110)がシェアした投稿 –

ポストにも白兎神社の縁結び祈願が!ここから投函すると恋愛が成就するかも!?

神社の前の鳥居の横には、うさぎが描かれたピンク色のかわいいポストが置いてあります。
その名も「すご!ウサ縁結びポスト」。
この中には、白兎神社で縁結び祈願を受けたお札が納められているそうで、ここに投函すると、「すご!ウサギ小型印」の消印を押してもらえますよ。
ここから意中の人に手紙を出せば、ご利益がありそうですね。
ちなみに、社務所ではお守り型のハガキも販売されていますよ。

Enmusubi Post with Kokechiitens 🇯🇵🏣👼🐇#lilyarakawa #白兎神社縁結び

智雄 吉田さん(@yossyfarm)がシェアした投稿 –

最後に

うさぎたちに見守られながら縁結びを祈願すれば、本当に叶いそうな気がしますね。
お守りもかわいいものばかりで、女子の心をくすぐられまくりです。
カップルで参拝する方も多くいますが、カップルの方は、参拝の前に道の駅「神話の里 白うさぎ」で「いなば白兎の起請文」を書くことをオススメします!
この起請文とは、大国主命と八上姫が白兎神に永遠の愛を誓ったものです。
3枚の神符が1セットで販売されていて、それぞれに願い事(約束事)と二人の名前を記します。
1枚を白兎神社の本殿の受入箱に投函し、残りはお互いに大切に持ち帰ります。
神聖な場所で愛を誓い合えば、更に愛が深まること間違いなしですね。

白兎神社の基本情報

白兎神社の御祭神

白兎神を主神とし、保食神、豊玉比売(豊玉姫命)を合祀しています。
白兎神社は神話にも登場している「因幡の白兎」の神社と称えられ、主神は白兎大明神と呼ばれていた時代もありました。

白兎神社のご利益

白兎神(ハクトカミ または ハクトシン)
皮膚病・傷病・病気平癒、動物医療、縁結び、意中の人との縁結び

豊玉比売(トヨタマヒメ)
縁結び、安産、育児、海上安全

保食神(ウケモチノカミ)
農業守護、漁業守護、開運招福、災難厄除け、航海安全、縁結び、子宝、安産、出世、家内安全


住所&アクセス

〒689-0206 鳥取県鳥取市白兎603

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

オススメ書籍ランキング

ページ上部へ戻る